自宅でできる「見守り」②

2歳児が実際にできることはなんでしょう?

実は、大人が驚く程にかなりのことができます。最初に道具の使い方は教えますが、子どもは、興味があることはとてもよく観察しているので、見よう見まねでできてしまう子もいます。

【料理】

  1. 実はよく切れる包丁も上手に使えます
  2. フライパンで炒め物もできます
  3. テーブルの準備はお手の物

【洗濯】

  1. シワを伸ばして、小さなもの(靴下やハンカチなど)は干したり
  2. 畳んで引き出しにしまうことも。

【掃除】

拭き掃除やハンディ掃除機をまるで大人が掃除機をかけているかのように使います。

大人のように、「きちっと」は難しくても、どの作業もかなり上手です。

料理に関しては、実際に子育てkitchenの現場で、多くの親ごさんが2~3歳の子が目の前で真剣に料理を作っているのを見て

「子どもが予想以上にできるていて驚きました・・・・」と話されます。

4回セットが終わった時の振り返りで言われることが

  • 「ほんの少しの工夫で、やらせてあげられることが分かり、家でもやり始めました。」
  • 「料理だけでなく、家事全般に応用したら、子どもが寝ている間にやろうって思わなくても、一緒にやればいいことがわかりました。」

そして、さらなる産物が。

  • 「一緒にやることで、夫婦や親子同士の会話が増えました!」

子どもが予想以上にできるのを目の当たりにしたその瞬間、親の『子どもを見る目』が変化します。

やってあげないとできない人間

⇒⇒⇒   小さいけど一人の自立した人間

ここで気づいたことで、全ての行動に変化が起き、将来大きな差になっていくのです・・・