見守る行為の二つ前

こんにちは、ゆみです。

守る見守る講座、ワークショップを経験された方の中には、

「天使の4歳まではいろいろ無理かと思っていたけど、今からできることがたくさんあるって分かりました。掃除なら一緒にできそうだから、帰りに、子供用にお掃除のコロコロを買って帰ります♪」

と即行動に移す人も。とても嬉しくなります~

子どもにとって、やりたい時に大人と一緒にできる作業(掃除・洗濯・料理)は、楽しんでできる嬉しいことの一つ。

なぜ嬉しいか・・・

・大好きな人と同じことをしている♪

・大好きな人の役に立っている(本人は手伝っているつもり)♪

子どもはマネをしながら、いろんなことができるようになります。手を振る、おしゃべりをする、歩く、本を読む・・・小さい子が一生懸命にやっている姿はどれもとっても可愛いですねドキドキ

身近な人のマネをしながら、仕草や動き、感情も覚えていきます。楽しそうだと思えば、すぐにマネをします。

だから、将来、自分のことは自分でやる子に育ってほしいと思えば、まずはやっている姿を見せることが必要。やり方を「知る」のです。

その次のステップは、一緒にやる。やりながら加減を覚えていきます。

少しできるようになって、次は一人でやりたがったら、次は『見守る』ステージへ

大人は、過去の経験から、やり方の想像や工夫ができますが、子どもは、経験がゼロから積み上げていくので、幼少期には「見せる」「一緒にやる」というステップが必要です。

そのあとは、守りすぎずに見守る。

発見を待つことは大事なのですが、それは最低限の土台ができてから。一緒にやれる時期を楽しみましょう